黒染め


対象物の表面に黒錆の層を形成します。
機械の可動部分や、サイズによる狂いを嫌う部分に適しています。

鉄製品の防錆(錆止め)や、美観(見た目の美しさの為に
鉄の表面に緻密な黒錆の膜を形成し、品物を黒くします。
素材そのものに対しての表面処理の為、対象物のサイズに影響をおよぼしにくいことが特徴です。
しかしながら、めっき、塗装と比べると防錆力は高くありません。
当サイトで取り扱いが可能な素材は鉄、ステンレスとなります。

【鉄の黒染め対応サイズ】
800mm×800mm×400mm
半分ずつ処理の場合は1400mm×700mm×50mm
半分ずつ処理しますので真ん中が少しぼやけた状態になる可能性があります。
更にクレーンで直接吊りながらの処理になりますので、
捨て穴(クレーンで吊るリングをつける)が必要になります。
シャフトの場合は3000mm×30φまでの対応が可能です。

【鉄の黒染めの別の名称】
•四三酸化鉄処理(しさんさんかてつしょり)
•四酸化三鉄処理(しさんかさんてつしょり)
•Fe3O4(エフイースリーオーフォー)
•アルカリ着色

 

bs1-ba

 

黒染めの流れ

まずは余計な脂分を取り除くことからスタートします。
そして染めと洗浄を繰り返し素材表面に浸透させていきます。

kuronagare

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

bs-ba

ステンレスの黒染めサービスもございます。詳細はこちらでご確認ください。

加工概要のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 黒染め
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

WordPress Themes