温度、湿度、etc


こんばんは。担当の田島です。
今日のタイトルは何?とお思いの方も多いかと思います。
季節の変わり目というのは、表面処理にとっても大変なことなんです。
温度変化が激しく、梅雨時期ともなると液体から研磨用の素材にいたるまで、
作業のコンディションを細かく管理しないとだめなんです。
皆様の力で成り立っているこのサイト。
ほんとに頭が下がります。今日はこの辺で。

ひみつのブツ


こんばんは。担当の田島です。
今日黒染めの打ち合わせをしていると
鈍く光をはなつ個性的なブツが置いてありました・・・
話したいでも話せない。展示会で出品するようです。
運のいい方は見れるかもしれませんね。
公開OKになったらこのページにも載せたいと思います。それまでお楽しみに!

パーカライジングの防錆力


こんばんは。担当の田島です。
今日はパーカライジングの防錆力について。
簡単にいいますと、メッキよりも劣り、黒染めよりも防錆力があるという位置づけになります。
表面が適度に荒れる為、塗装下地などにおススメです。
詳しくはページにてご確認ください!よろしくお願いします。

FAXもOKです。


こんばんは。担当の田島です。
当サイトでは、メール以外にも電話、FAXでもお問い合わせを受け付けています。
図面をパソコンに送る手間などを省くことができますよね。お気軽にお問い合わせください。
その際にメールアドレスを記載していただくと助かります。
ご連絡する際にメールを使用する場合がございますので、よろしくお願いします。

16:9って見やすいですか?


こんばんは。担当の田島です。今日はすごい個人的な事です。
テレビもパソコンもみんな16:9のワイドなものになっていますよね。
でもWEBサイトには多いと思うのですが、フルに生かしていないような気がします。
もちろん4:3比率への対応ということもあるのですが、私はワイド過ぎると見難いと思うんです。
古い人間?視野の狭い奴なんて思われるかもしれませんが、そう感じるんです。
これは私だけなんでしょうか・・・・
ちょっとモンモンとしていますが、今日はこの辺にしておきます。

ステンレス黒染めの得意な分野


こんにちは。店長の田島です。
日々ステンレスの黒染めについていろいろとご質問を受けることがあります。
通常ページにも記載しているのですが、平面やプレス加工の周辺部などは色むらになりやすいんです。
じゃあどこに向いてるの?というとそれは細かいものに向いています。
軸ピンやナットは特におススメです。気になる方はお気軽にご相談ください。
よろしくお願いします。

三条まつり

こんばんは担当の田島です。本日は三条まつりでした。
昔は休日になったようですが、今のご時勢そこまでの強制力はないようです。
なので普通に仕事をしていました。それでも3万人くらいの人出があったようです。
大名行列あり、舞い込みというぶつかり合いもあるようで、迫力満点だそうです。
なんか他人事みたいと思われるかもしれないのですが、
私はもともと三条出身ではないので、よく理解していませんでした・・・
でも興味深いので、来年はさんかしてみようかな?なんて思ったのでした。

バレル研磨について


こんばんは。担当の田島です。
今日はバレル研磨について。
あまり聞きなれないかもしれませんが、この方法は様々な事が可能です。
それは、削る、荒らす、磨くの対応が可能であるということです。
削るとは表面を均一に削ることが出来るということです。
樽の中で回転させて行うので、手作業と異なり均一さが出やすく、
一定の厚みのコントロールも出来るメリットがあります。
荒らすとは下地処理が出来るということです。塗装を喰い付きやすくさせたり、
メッキがのりやすいようにしたり、適度な調整が出来ます。
磨くとは読んで字のごとくです。ただし、ヘアライン加工などは出来ません。
数がまとまるものや細かいものなどに向いていますが、薄い板物などはお勧めできません。
近々ページも更新しますので、そちらをチェックしてみてくださいね!
それでは今日はこの辺で。

通常営業再開です。


こんばんは。担当の田島です。
表面処理.comも通常営業に戻りました。
休みボケを振り切ってがんばります。
ページも近々手直しを加えながら、強化しますのでお楽しみに!

実験しようかな?


こんばんは。担当の田島です。
最近気になること。それは植毛塗装を電動工具にしたらどうなるのかな?ということです。
出来ることに間違いはないのですが、
施したあと今までのように手荒な扱いが出来なくなりそうで、
すこしもんもんとしています。あ~どうしよう・・・

WordPress Themes