メッキ

メッキは酸化(腐食)しやすい金属を、酸化しにくい金属で覆い保護したりすることです。

塗装に比べ被膜は薄いですが、防錆性などに優れています。 電気を流し層を形成する電解メッキ、 電気を使用しない無電解メッキなど、素材、形状により手法が異なります。

IMG_2741spokecosmo01

 

 

 

 

クロームメッキ(電解メッキ)
クロームという灰色がかった金属で被膜を形成します。
光沢ある仕上がりが特徴で、様々な箇所で使用されています。

 

電解ニッケルメッキ
装飾用から、各種金属メッキの下地用としても幅広く使用されています。
クロームメッキの下地として使用することで耐久性も増します。

 

無電解ニッケルメッキ(別名:カニゼンメッキ)
電流を使用せず溶液に含まれる還元剤の酸化作用を利用して被膜を形成する方法です。
電解メッキと違い素材、形状に左右されることが少なく、均一な被膜を形成できるのが特徴です。
細い筒状の中にも対応出来ます。

 

硬質クロームメッキ
工業用メッキとも呼ばれています。文字通り被膜が硬質で
耐食性、耐摩耗性などに優れています。

 

その他のメッキ
装飾などに多い金メッキ、銀メッキ。
そして電導性の良さから下地としても使用される銅メッキなどもあります。

 

対応素材 鉄、ステンレス、チタン、銅、真鍮。

注意点として、対象物に接着剤等で何か他の物をくっつけている場合などは対応できません。(加工時に接着剤が溶け出し、炉を破損する恐れがあるため。)

‚-ba

 

薬品剥離→ブラスト→バフ研磨→ニッケルメッキ→クロムメッキと処理いたしました。
各工程の間に研磨を行うことで、光沢がさらに増します。

 

加工概要のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メッキ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

WordPress Themes